« シンガポールは微笑んだ 電脳街で横行するiPhone詐欺被害の実態と解決 | トップページ | 世界遺産エストニア首都タリン SIM事情 データ通信1日1.6ユーロで使い放題 »

国際版SIMフリースマートフォン 海外で優秀でも日本では問題だらけ

2013/1/23 海外SIMの日本でのローミング追加
国際版SIMフリースマートフォンは、NTT ドコモやソフトバンクを含む世界の多くの携帯電話会社(キャリア)を自由に選べる、モバイラーにとって”夢”の利便性が買われ、人気を博しているようです。Smartphones

人気の反映か、今では国際版SIMフリースマートフォンが秋葉原や国際ネット通販業者で気楽に購入できる上、土産品として海外で購入する例も増え、一般に流通する普通の商品として日本国内で使われる事も珍しくなくなりました。

しかし、国際版SIMフリースマートフォンの日本国内使用には、一般の方に気軽に手を出してほしくない、危ない事情が存在します。Smartphonesdanger

”携帯電話会社を自由に選べる”、”最新の高性能機を早く入手できる”、”日本で販売されていない希少端末を持てる”など、国際版SIMフリースマートフォンには一見メリットがありそうです。

しかし蓋を開けてみると、”日本の携帯電話会社のサービスや機能が使えない”、”思った程簡単に携帯電話会社は選べない”など、日本で使う事を考えると、高性能や便利さよりむしろ問題やデメリットが目立つ、”夢”とかけ離れた現実が現れます。

更に極めつけは、法律違反の可能性です。日本の法律では、電波法の基準に適合しないスマートフォンの使用を禁止していますが、多くの国際版SIMフリースマートフォンは適合認定をパスしていないため、日本で使うと”違法で罪に問われる”危険性がある”問題携帯”なのです。

本記事では、国際版SIMフリースマートフォンの日本国内使用の”問題”について解説します。これから国際版SIMフリースマートフォンを購入し、日本で使う事をお考えの方は、是非本記事の内容チェックをお願いします。

  • 国際版SIM フリースマートフォンとは、日本の携帯電話会社以外が輸入した外国仕様のSIM フリースマートフォンを示します。

海外では”夢の商品”でも日本国内で使えば”問題商品”の実態

前文で触れた通り、日本国内使用を考えると、国際版SIMフリースマートフォンは、機能面法律面で問題を抱える”夢”と縁遠い”問題商品”です。筆者としては、海外モバイラーの方にはお勧めしても、一般の方にはとてもお勧めできる商品と思えません。

ここから、国際版SIMフリースマートフォンの日本国内使用で発生する機能的、法律的問題を詳しく見てみましょう。

  日本国内使用で発生する”機能面の問題”
  国際版SIMフリースマートフォンは、スマートフォンの基本機能としての問題は
  ないものの、あくまでも海外向けに”海外仕様”で作られた商品なだけに、日本
  の携帯電話会社が提供する、高い付加価値がある便利なサービスや機能を
  利用できません。Smartphonesnot

  日本では便利なサービスや機能が使えない
  スマートフォンの便利さは、”おサイフケータイ”などの高い付加価値がある
  便利なサービスや機能が利用できるからだと考えると、それを利用できない
  ”国際版SIMフリースマートフォン”は、日本では便利さがない”問題端末”と
  言う事になります。

  SIMフリーは、携帯電話会社を選ぶ瞬間だけメリットがあるとしても、日常の
  あらゆる瞬間や局面で不便を耐え忍ぶ対価を考えると、トータルで価値は
  あるでしょうか?

  もっとも、日本の携帯電話会社の便利なサービスや機能を最初から利用する
  積りがなければ、通信料が少しでも安い携帯電話会社を渡り歩けるなどSIM
  フリーならではの機能は大きなメリットと映ります。でもこんな価値観を一般人
  が持つ事は非常に稀ではないでしょうか。

  その意味で、大多数の一般人にとって”国際版SIMフリースマートフォン”は
  やはり”問題端末”と言えそうです。  

  • 日本の携帯電話会社が提供するサービスや機能の多くは、日本の独自規格で作られているので、世界標準で作られている国際版 SIM フリースマートフォンでは利用できません。
      
  • 以下は、国際版SIMフリースマートフォンで利用できない日本の携帯電話会社が提供するサービス・機能の例です。
      
     おサイフケータイ  日本の独自規格:Felicaを使うので利用できません
     
     
    ワンセグTV     ワンセグ機能が搭載されていても、TV規格が海外
                 と異なるので、番組は視聴できません。
                  注:ブラジルで販売される携帯は使える可能性
      
     
    赤外線通信機能  非対応
      
     緊急地震速報   無料アプリをインストールすると利用できますが、
                 携帯電話会社本来のサービスでないので、電池
                 の消耗が激しく、余り実用的でありません。

  日本で修理や保証が受けられない
  
国際版 SIM フリースマートフォンを日本
  で利用するには、設定作業などのハードルをいくつかクリアする必要があり
  ますが、国際版SIMフリースマートフォンは日本国内にサービス態勢がない
  ので、自分で全てのハードルを乗り越えなくてはなりません。

  また同じ理由から、日本国内では修理や製品保証サービスを受けられない
  可能性が高く、万が一の時は海外の販売店やメーカーのサービス受付に
  国際小包でサービス依頼するなど、大変な手間を強いられる事になります。

  国際版 SIM フリースマートフォンは、日本の携帯電話会社から購入した物
  でないので、日本の携帯ショップや家電量販店に設定、調整、修理などの
  サービスを依頼しても、相手にしてくれません。
  何が起きても、すべて自分だけで解決する必要があります。

  ここからは国際版 SIM フリースマートフォンを日本で利用するために越える
  必要がある”ハードル”についていくつか例を見てみます。

  • ハードル①  表示日本語化
    国際版 SIM フリースマートフォンは海外向け商品なので、購入時の画面表示は外国語です。外国語での操作は不便な上、英語以外の表示では意味不明で全く操作できない場合があり、日本語化はほぼ必須です。
      
    ほとんどの機種に日本語化機能が搭載されますが、その場合でも日本語化するまでは外国語での設定作業が必要になります。
      
    設定作業の難易度は機種によって異なりますが、ネットから日本語化アプリをインストールしたり、日本語化アプリに(通常でない)特別な設定をしなくてはならない場合があり、一般の方には高いハードルになりえます。また、日本語化できても一部表示に外国語が残るケースがあり、苦労が100%報われるとは限りません。
      

    中国本土で購入したスマートフォンには、ネットから日本語化アプリをダウンロードするための必須アプリ『Google Play』が搭載されていない場合が多く、日本語化には相当な困難が予想されます。

Smartphoneslanguage

  • 日本語化作業の詳細は、当ブログ記事”国際版Androidスマートフォンを日本語化する”をご参照下さい。
      
  • ハードル②  SIM 契約・購入 = 携帯電話会社の選択
    どんなスマートフォンでも、SIM カードがないと携帯電話として機能しません。日本では SIM カード単体販売は一般的でないので、SIM カードの調達は簡単ではありません。

Smartphonessim

  • 例えばNTTドコモから SIM カードを単体購入する場合、使用する国際版 SIM フリースマートフォン現物と、そこに表示される”技適マーク”を提示する”販売条件”をクリアしなければなりません。
      
    iPhone を除く、大部分の国際版 SIM フリースマートフォンには”技適マーク”の表示がないので、NTTドコモから SIM の販売を拒否される可能性があります(”技適マーク”については、本記事後半”日本国内使用で発生する”法律面の問題”の項
    をご参照ください)。
        
  • ハードルが高いNTTドコモの SIM カードに代わり、簡単に購入でき安価な ”日本通信 B-Mobile”などの仮想キャリアの SIM カードを調達する次善の選択肢がありますが、どれも音声通話とデータ通信だけの機能で、日本の高い付加価値がある便利なサービスや機能がないため、利便性は相当低下してしまいます。
      
    もっとも国際版 SIMフリースマートフォンそのものが便利な日本の付加価値機能を利用できない仕様なので、仮想キャリアの機能をどうこう言っても始まりませんが。

    これまでで
       ”日本の携帯電話会社は余り自由に選べない”
                
       事がご理解頂けたと思います
  

  • 手持ちの携帯があれば、内部のSIM が活用できるかも
    既に、NTTドコモかソフトバンクの携帯やスマートフォンを所有していれば、内部の SIM を国際版 SIM フリースマートフォンに刺しかえて利用できる可能性があります。
      
    利用に際して、手持ちの携帯・スマートフォンの契約内容をチェックし、契約違反や”超”高額請求などの問題に発展しない事を確認する必要があります。
      
    但し、手持ちの携帯・スマートフォンで利用できたサービスや機能は、国際版 SIM フリースマートフォンで使えない可能性大です。
      
  • ハードル③  SIM 開通と通信設定
    SIMカードを使用するには、開通作業が必要です。またデータ通信を行うには、設定作業が必要です。これら作業は、代行してくれる業者や SIM販売店が日本に存在しないため、国内では自分で行う必要があります。スマートフォンの設定作業に慣れない一般ユーザーには高いハードルです。


      日本で SIMを販売するショップは、提携キャリアの携帯電話と関連商品
      の販売に特化しているので、出所不明の国際版 SIMフリースマートフォン
      の操作や設定代行は(基本的に)行いません。海外では、どこの製品も
      SIM販売店が操作や設定を代行してくれる事が珍しくありませんが。

Smartphonesapnset

  • ハードル④  故障時のサービス体制や保証  2012/8/20追記
    どんなにスマートフォンの性能が良くても、不具合は起きる可能性があります。日本のキャリアから購入したスマートフォンは、日本のどこのキャリア店舗でも一律に修理や調整などのサポートが受けられますが、国際版ではそうはいきません。
      

    国際版 SIMフリースマートフォンのサービスは、基本的に購入した店舗(当然海外)やメーカーの修理窓口(これも海外)に依頼する必要があります。製品保証についても同様です。
      

    何れにしても、海外の店舗やメーカーと慣れない英語でクレームやサービス依頼をした上で、海外のサービスセンターに国際小包で送付するなど、一般ユーザーにはかなり高いハードルです。
      
      最近までは、リチウムイオンバッテリーを内蔵するスマートフォンの海外
      発送は危険との理由で断られる可能性がありました。今は規制が緩和
      され、発送できるようです。但し、少量に限るなど条件はありますが。

  日本国内使用で発生する”法律面の問題”
  多くの国際版 SIM フリースマートフォンは、日本国内で使用すると法律違反に
  なる致命的問題を抱えています。

  総務省の技適マークQ&Aページ
  http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

  • 日本では、基準に適合している証明”技適マーク”がないスマートフォンや携帯電話の使用は、電波法で禁止されています(写真は iPhone に表示された技適マーク)。
     Smartphonesgiteki
    iPhone は、世界のどこで購入したものでも”技適マーク”が表示されるので適法で、日本で法律問題は発生しませんが、他の多くの国際版 SIIM フリースマートフォンには技適マークがないため、日本で使うと違法になります。
      
    iPhone 以外の SIIM フリースマートフォンは、使う前に”技適マーク”を確認する必要があります。もし、”技適マーク”がない場合、日本で使用すると電波法違反の罪に問われる可能性があります。

  法律がある以上”技適マーク”がない携帯電話やスマートフォンは日本で
  使うべきでないのは当然ですが、法律には現実にそぐわない面がある事
  も事実です。

  • 日本の状況を眺めると、法律に現実にそぐわない問題が見えてきます。
      
    例えば、観光庁の統計では、2010年に861万人の外国人が日本を訪問していますが、かなりの訪問者が、外国で購入した”技適マーク”無しの携帯電話やスマートフォンを日本に持ち込んでいる”はず”です。
      
    これらの持ち込み品を日本で使えば、当然外国人でも法律違反で摘発の対象になります。仮に、成田や関空の入国税関で、携帯電話の持ち込みを検査すれば、膨大な数の法律違反予備軍の携帯電話やスマートフォンがチェックに掛る可能性があります。

    しかし、税関で、麻薬や希少動物の輸入が摘発される例は聞きますが、それより圧倒的に量が多い”技適マークなし携帯電話”が検査の対象になった例は聞いた事がありません。
      
    また、日本入国時に税関に提出する申告書の”輸入が禁止されているもの”のリストには、技適マークなしの携帯電話の記載はありません(写真)。
      
    日本国内で使えば確実に法律違反になる品物を、税関でチェックしない上、街中やホテルで外国人の携帯電話を調べている警察官など見た事がない現状は、職務怠慢か、または法律の欠陥に思えてしまいます。
      
    Smartphonebanlist
    携帯電話やスマートフォンは、生活に密着する商品になった今、 麻薬や希少動物などと同列に取り締まったり規制することは無理だと思います。
      
    早期に、現実に沿う法律運用指針変更や法改正を望みます。
        腑に落ちない海外SIMの日本国内ローミング受け入れ

 日本のキャリアは海外キャリア端末の日本運用を受け入れている
 筆者が知る限り、香港”3”Mやマレーシア”MAXIS"のSIMは、日本では
 NTT ドコモ回線とローミングできる事を謳っています。

 実際これらの SIM を日本で SIM フリー版iPhoneで試してみると(合法)、
 普通にNTTドコモの電波を拾い、音声通話やデータ通信などローミング
 利用が制約なしにスムーズにできてしまいます(料金は高めですが)。

 そこでは”日本で技適マークがない携帯やスマートフォンの使用は法律
 違反で罪に問われます”など警告は一切ないばかりか、ローミング利用
 歓迎の SMS が届きます(写真はドコモ経由で来たMAXISからのSMS)。
Roaminginjapan2

 技適マーク無しの違反端末受け入れは法律違反でないのか
 香港”3”やマレーシア”MAXIS"など国外 SIM を入れてローミング利用
 する端末に技適マークがある例はまれなので、ほとんど技適マークなし
 の違法状態での利用がされていると推測されます。
   
 外国キャリアの端末や SIM の日本でのローミング接続は、海外と日本
 の両キャリアが契約をして初めて可能になります。当然契約は総務省の
 管理対象と思われます。

 ローミングの無条件受け入れは、日本で使うと違法な”技適マークなし”
 の携帯電話やスマートフォンを排除できないので、違法行為に加担する
 ことになってしまいます。

 よってローミング契約には”ローミングは技適マークがある機器に限る”
 など違法排除の条項を当然含めたうえ、技術的にも接続拒否などで
 違法阻止の方策を採っている”筈”だと推測します。

 もしそうでなければ、大部分丸適マークなしの違法確率が高い香港の
 ”3”やマレーシアの”MAXIS”端末や SIM での違法運用をNTTドコモや
 総務省は見て見ぬふりをしている事になります。

 結局丸適マークがない端末を日本で使うとどうなるのでしょうか。

 例えば、日本人が技適マークがない国際版 SIMフリースマートフォン
 に海外SIMを入れて日本でローミング運用すると違法運用で罪になる
 のでしょうか?この場合総務省やNTTドコモは見て見ぬふりをするで
 しょうか。本件に関して起こりえる様々なケースを考えると、腑に落ち
 ない事ばかりです。

 本枠内の内容は全て筆者の憶測ですが、実際はどうなのか是非真相
 を知りたい所存です。国際版スマートフォンに興味がある人間にとって
 本件は罪に問われるかどうかに関わる大きな問題なので。

 注:ここでは法律が現状に則していないとの筆者の疑問を示す目的で
   NTT ドコモのローミング受け入れ事例を採り上げただけで、総務省
   やNTTドコモを糾弾するものでありません。また例で挙げたいかなる
   組織にも問題提起するものではありません。

国際版SIMフリースマートフォンの最終評価:
          海外モバイラー以外にお勧めできない商品

ここまでの記事で、国際版 SIM フリー版スマートフォンの問題点をご理解頂けたと思いますが、これだけ悪い材料を見た後でも海外モバイラーにとって”夢”の商品です。

  しかし、日本国内使用に限定して考えると

      ”全然よくないじゃないの”・・・が正直な感想です

    ”国際版SIMフリースマーフォンは海外で優秀でも
       日本で使う目的なら買うべきでない”
が最終評価になります

  • 国際版 SIM フリー版スマートフォンは、あくまでも海外向けに作られた商品だという”基本的事実”を考えれば、この最終評価は納得です。
  • そうは言っても、やはり SIM フリースマートフォンに魅力を感じる方は、是非次の項目をチェックして下さい。

日本キャリアの SIM フリースマートフォンで”夢”実現

SIM ロック解除できるNTTドコモのスマートフォン
NTTドコモは、自社販売スマートフォンなどの SIM ロック解除を受け付けています(有料3,150円)。SIM ロック解除対象機種は、2012年初夏の段階で、スマートフォン42機種、タブレット6機種と、主要機種の多くが該当しています。Smartphonesdocomo         NTTドコモ : SIM ロック解除の手続き
        NTTドコモ : SIM ロック解除対象機種一覧

NTTドコモのスマートフォンを SIM ロック解除した場合のメリットをチェックしてみましょう。

  • NTTドコモが販売するSIM フリースマートフォンのメリット
  • 日本国内で合法的に使える
  • 最初から日本向けなので、特に設定なしで利用できる
  • 日本の高付加価値サービスが利用でき、高い利便性が得られる
  • 日本(NTTドコモ・ソフトバンク)や海外で自由に接続先を選べる
  • 日本国内で保証・修理などのサービスが受けられる
      
     これだけでも十分メリットですが、更に素晴らしいのが価格面です。
      
  • SIM フリー高機能スマートフォンが、世界一安い価格で買える
  • 国際版 SIM フリー版スマートフォンは、キャリアから販売奨励金が補てんされないので、購入時の支払い金額はかなり高額になります。
      
  • 一方、日本のキャリアには販売奨励金制度があり、購入価格が大幅に値引きされるため、世界で一番安くスマートフォンを入手できる可能性があります。
      
  • もちろんこの制度の見返りに、契約を一定期間解約できない、いわゆる年縛りの制約があり、トータル支払い金額でキャリア側に損が出ない構造になっています

最初からSIMロックを掛けないイーモバイルのスマートフォン
イーモバイルは、SIM フリー( SIM ロックなし)スマートフォンを販売しています。

  • イーモバイルのスマートフォンを含む全製品は、最初から SIM ロックを掛けていないファクトリー SIM アンロック状態(要は純正 SIM フリー)で販売されます。Smartphonesemoba
    そのため、日本(イーモバイル・NTTドコモ・ソフトバンク)や海外で自由に接続先を選べます。

      
    イーモバイルでは、最高性能を競う話題性のある品揃えが少なく、地味な感じがしますが、国内・海外で十分にモバイル中核機として活躍できる性能を備えています。
    但し、高付加価値サービスは全く充実していません。

次に、NTTドコモとイーモバイルの SIM フリースマートフォンの”欠点”をチェックしてみましょう。

  • 日本のキャリアの SIM フリースマートフォンの欠点
  • 一部メーカーの一部の機種しか購入できない
      但し、世界で話題性ある売れ筋端末は間違いなく購入できる
  • NTTドコモ製品のテザリングは海外で使えない(イーモバイルは使える)
  • 契約に1年~2年の縛りがある
  • 周波数が日本向け仕様なので、運用可能国や地域が国際版より狭い
     但し、制限を受ける国や地域は、アメリカ、豪州、タイなどに留まり
     周波数仕様による問題は限定的

  自称モバイラーの筆者として、テザリングの欠点はかなりのダメージですが、
  契約の年縛りは日本で当たり前なので、日本で使用する限りは問題に
  なりません。

以上で、日本キャリアの SIM フリースマートフォンの利点・欠点を見てきましたが、ご感想はいかがでしょうか。

筆者としては、海外でテザリングができない点と運用可能国に制限がある点を除くと、日本キャリアの SIM フリースマートフォンの評価はほぼ満点です。

    以上をまとめて総合評価すると、

       日本キャリアのSIMフリースマートフォンで
            
”夢”の実現が十分可能・・・が総合評価です

海外モバイラーでない一般ユーザーは、是非日本キャリアのSIMフリースマートフォンを検討してみて下さい。

参考:その他の日本キャリアの SIM ロック状況

  • ソフトバンクの状況 : SIMロック解除未対応
    魅力的なスマートフォンを多数販売していますが、残念ながら SIM ロック解除には(実質的に)応じていません。iPhone などの超人気機種が SIM ロックの制約から脱却できないのは残念です。
      
  • KDDIの状況 : 接続先はKDDIに固定
    KDDIは、日本で唯一 CDMA 通信方式を採用しているので、原理的に他キャリアとの互換性はありません。そのため SIM ロックの考え自体が意味が無く、接続先は常に KDDI に固定されます。iPhone などの超人気機種が KDDI との接続に限定されるのは残念です。

ご注意:
筆者は日本の携帯電話各社(NTTドコモ、イーモバイル、ソフトバンク、KDDI)と一切の利害関係はありません。
また、本記事は、日本の携帯電話各社の製品や国際版 SIM フリー商品をことさら宣伝したり、けなす意図はありません。本記事は、筆者の独自調査で得た情報を、個人的に”素直に”分析した結果を基に書かれています。
本記事へのご意見は、トラックバックされたブログ記事として”のみ”承ります。

« シンガポールは微笑んだ 電脳街で横行するiPhone詐欺被害の実態と解決 | トップページ | 世界遺産エストニア首都タリン SIM事情 データ通信1日1.6ユーロで使い放題 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224741/46044007

この記事へのトラックバック一覧です: 国際版SIMフリースマートフォン 海外で優秀でも日本では問題だらけ:

« シンガポールは微笑んだ 電脳街で横行するiPhone詐欺被害の実態と解決 | トップページ | 世界遺産エストニア首都タリン SIM事情 データ通信1日1.6ユーロで使い放題 »