« iPhone4 SIMフリー版を日本で海外SIMを使いアクティベーションする | トップページ | iPhoneでWiFiインターネット共有 設定と運用の実際(改定版) »

XPERIA X10 mini pro現役復帰 MiniCM7で高速Gingerbread 2.3.7化

古い機種ですが、と言っても買って1年ちょっとですが、Xperia X10 mini pro U20i をCyanogenMod MiniCM7 カスタムROMで Android 2.3.7 gingerbread へのアップデートを行い、約2倍の高速化に成功しました。

X10miniprostartview_2

     アップデート結果
      良かった事  
速度2倍安定動作
      残念だった事 FMラジオが日本周波数非対応に・・・
                テザリングが不安定(一定時間経つと切れる)

  • Xperia X10 mini proは、Android 2.1(Eclair)以降のアップデートは”ない”とのSonyEricsson公式アナウンス以来、現役引退していましたが、この度CyanogenModメンバーの”ご努力”で、次の Froyoを飛び越し、2段階上の gingerbread 安定版・高速ROM がリリースされました。
  • Android 2.1は、以降のFROYOやgingerbreadに比べ、かなり見劣りするOSで、低速・低機能のため、海外モバイルで活躍する場はありませんでした。
  • Xperia X10 mini pro:Android2.1の欠点→gingerbread化での改善点
  •  マルチタッチ未対応  マルチタッチ対応実現
  •  テザリング機能なし   OSレベルテザリング機能実現
  •  かなり低速        ノーマルクロックで速度2倍に大幅改善
  •                  更に設定メニューでオーバークロック可能
  • しかし、今回の改善で Xperia X10 mini pro は海外モバイルに十分応えられるレベルまで機能が高められ、一挙に現役復帰を果たしました。
  • 注意:WiFiテザリングが勝手に停止してしまう問題が起きる可能性があります
                                      2012年3月時点

 本ブログ記事は次のサイトを参考にしています。
  [ROM] MiniCM7-2.1.7 [28/12/11]Gingerbread 2.3.7/CM7.2 unofficial port for the pro
      http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1415026

アップデート作業

今回のアップデートは、手順が多く時間がかかる”やや”難解な作業ですが、それに見合った十分な成果が期待できるので、是非チャレンジして下さい。

Sony Ericsson端末は” 起動できない ”などの重大トラブルが発生しても、元のAndroid 2.1の状態に復元してくれる Windows用ソフト”Sony Ericsson PC Companion”があるので、比較的安心して作業できます。詳細は本記事巻末”万が一のトラブルからの復元をご参照下さい。

Pccompanion
それでも、これからの作業は、文鎮化や保証や修理が受けられなくなる危険がある事を理解した上で、自己責任で行って下さい。

1.必要ファイル調達 ( PC作業 )

PCで次のファイルをダウンロードします。以下はファイル名と入手先リンクです。

  • i  > SuperOneClickv2.3.3-ShortFuse.zip ( Root 化ツール )
  •   http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=803682
  •   ファイルを解凍するとSuperOneClickv2.3.3-ShortFuseフォルダーが
  •   生成され、内部に実行ファイル”SuperOneClick.exe”が保存されます
  •   注:2012/1/29:上記アドレスからファイル入手困難なら、代りに
        http://www.multiupload.com/9AJDSU1Q11ページの各リンク
        を確認して下さい。いくつかのリンクは、知的財産問題で強制
        閉鎖されたMegauploadの影響で?、ダウンロード不能ですが、
        ダウンロードできるリンクもいくつかあります。
  • ii > msm7227.zip  ( Bootloader Unlock ツール )
  •   http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=17384177&postcount=3
  •   ファイルを解凍すると”msm7227”フォルダーが生成され、内部に
  •   実行ファイル”msm7227_semc.cmd”が保存されます
  • iii> flashtool-0.6.7.0-windows.exe ( カーネルフラッシュツール )
  •   http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=920746 でリンクを
  •   辿るか、または直接 http://androxyde.github.com/Flashtool/
  •   ”Flashtool 0.6.7 Full Widnows Edition” を選択します
  •   ダウンロードしたら、ファイルを起動して、PCにフラッシュツールを
  •   インストールします
  •   デフォルトインストール先は”C:\Flashtool”です
  • iv> U20_nAa-08_2.6.29.6-nAa-08.ftf     ( nAa gingerbread カーネル )
  •   http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1415012
  •   ダウンロードしたファイルは( iii )のフラッシュツールインストール時に
  •   生成された”C:\Flashtool\firmwares”フォルダーに保存します
  •   注:2012/2/12:nAa カーネルが11にバージョンアップされ、上記
        アドレスから U20_nAa-11_2.6.29.6-nAa-11.ftf が入手できます。
        nAa-11カーネル使用時は、記事中のファイル名を読み替えて
        作業して下さい。
  • v > MiniCM7-2.1.7-mimmi.zip  (MiniCM7 ROM )
  •   http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1415026
  •   ダウンロードしたファイルは、SD-CARDの”/”(root)に保存します
  •   注:2012/2/12:上記アドレスからは MiniCM7-2.1.9-mimmi.zip が
  •     入手できます。これはバージョンアップされた nAa-11 カーネル
        対応版です。MiniCM7-2.1.9-mimmi.zip 使用時は、記事中の
        ファイル名を読み替えて作業して下さい。
  • vi > ”gapps-gb-20110613-signed.zip”  ( CM7用 Google Apps )
  •   http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1415026
      のhereをクリックするか、http://cmw.22aaf3.com/gapps/
      目的のファイルを選択します。
  •   ダウンロードしたファイルは、SD-CARDの”/”(root)に保存します

2.root化 ( X10 mini pro および PC作業 )

i> PC上のSuperOneClick.exe をダブルクリックして Root化ツールを起動します。

  • 起動するとSuperOneClick xxxx画面が表示されます。

ii> X10 mini pro の”設定” → ”アプリケーション” → ”開発”メニューで”USBデバッグ”にチェックを入れます。

iii> USBケーブルでPCとX10 mini proを接続します。

iv> PC上のSuperOneClickの”Root”ボタンをクリックします。

  • X10 mini proが検出され、root化が開始します。
  • root化完了時に、BusyBoxインストールの問合せがあるので、
    (どちらでも良いのですが)一応”yes”をクリックします。

X10miniprosuperoneclick
v> 完了したらUSBケーブルを抜き、X10 mini pro を再起動します。

3.バックアップ ( X10 mini pro 作業 )

必要に応じて、マーケットからTitanium Backupをインストールし、個人データ、設定、アプリなどバックアップします。

  • 残念なこと!
    Android 2.1搭載FM radioは、
    設定で日本語周波数に対応しましたが、

    アップデート後搭載FM radioは非対応です。このため、旧FM radioを2.1段階で
    Titaniumでバックアップし、アップデート後にリカバリーする事を試みましたが、
    エラーで動きませんでした。

4.ブートローダーアンロック ( X10 mini pro および PC作業 )

i> PC上のmsm7227_semc.cmd をダブルクリックして、ブートローダーアンロックツールを
  起動します。

  • PCのコマンドプロンプト画面にmsm7227_semcの進行状態が表示されます。

ii> X10 mini pro の”設定” → ”アプリケーション” → ”開発”メニューで”USBデバッグ”にチェックを入れます。

iii> USBケーブルでPCとX10 mini proを接続します。

iv> PC上のコマンドプロンプト画面に従い、任意のキーを押します。

  • X10 mini proがmsm7227_semcに認識され、ブートローダーアンロックが開始されます。アンロックの進行状況はコマンドプロンプト画面に表示されます(写真)。

    X10miniprobootunlock

v> アンロックが完了したら、PCの任意のキーを押し、USBケーブルを抜きます。

5.kernelアップデート ( X10 mini pro および PC作業 )

i> PCでフラッシュツールを起動します。起動するファイルは次の通りです。

  • 64ビット版Windowsでは C:\Flashtool\FlashTool64.exe
  • 32ビット版Windowsでは C:\Flashtool\FlashTool.exe
  • 起動すると、PCにフラッシュツール画面(写真)が表示されます

ii> X10 mini pro の”設定” → ”アプリケーション” → ”開発”メニューで”USBデバッグ”にチェックを入れます。

iii> USBケーブルでPCとX10 mini proを接続します。

  • PCのフラッシュツール画面に接続状況が表示されます。
  • 端末が特定できない場合、PCに問合せ画面が表示されるので”U20 SonyEricson X10 Mini Pro”を選択し”OK”を押します。

3
iv> PC上のフラッシュツール画面の稲妻ボタン(写真上の赤矢印)をクリックします。

  • PCに動作モード選択画面が表示されたら”Flashmode”を選び”OK”を押します。
  • PCに Firmware Selection 画面が表示されます。

X10miniproflashtool2

  • Firmware Selection画面のSelect a Firmware表内で、次の値を持つ行を選択します

       Devise欄  : U20
       Version欄  : nAa-08
       Branding欄 : 2.6.29.6-nAa-08
  • 表示が異なる場合、カーネルファイル”U20_nAa-08_2.6.29.6-nAa-08.ftf”が
    ”C:\Flashtool\firmwares”に保存されていない可能性があります。

v> PCのFirmware Selection画面のFirmware Conten表で、”loader.sin”を選択し”OK”を押します

  • 接続を指示する画面が表示されるので、次を行います
  •   USBケーブルを抜き、X10 mini proの電源を切る
  •   X10 mini proの”←”)ボタン(写真右)を押しながらUSBケーブルを接続する
  • X10miniprobuttonr
  • ブートローダーがフラッシュされます。

vi> この状態でPC上のフラッシュツール画面の稲妻ボタンを押します。

  • PCに動作モード選択画面が表示されたら”Flashmode”を選び”OK”を押します。

vii> PCのFirmware Selection画面のFirmware Conten表で、”kernel.sin”を選択し”OK”を押します

  • 接続を指示する画面が表示されるので、次を行います
  •   USBケーブルを抜き、X10 mini pro の電源を切る
  •   X10 mini proの”←”ボタンを押しながらUSBケーブルを接続する
  • ケーブルを接続すると X10 mini pro に nAaカーネルが書き込まれます。

viii> 完了したらUSBケーブルを抜きます。

6.MiniCM7 ROMインストール ( X10 mini pro 作業 )

i> X10 mini proの電源を入れます

ii> nAaカーネルのロゴが表示されたらX10 mini proの”←”ボタンを連打します

  • X10 mini proに”CWM-based Recovery”が表示されたら連打を止めます
  • 画面が表示されない場合、X10 mini proのバッテリーを抜き、強制的に
    電源を切った後、バッテリーを戻し、電源を入れ作業を繰り返します

X10miniprocwm

iii> ”wipe data/factory reset”に続けて”yes delete all user data”を選択します

  • カーソル移動は音量”上”、”下”ボタンで、選択は”□”ボタンで行います

iv> ”wipe cache partition”に続けて”yes wipe cache”を選択します

v> ”Install zip from sdcard”に続けて”Choose zip from sdcard”を選択します

vi> SD-CARD内のファイル一覧から”MiniCM7-2.1.7-mimmi.zip”を選択後、”yes Install MiniCM7-2.1.7-mimmi.zip”を選択します

  • MiniCM7がインストールされます。
    X10miniprorom1

vii> 終了後”++Go Back++”に続けて”reboot system now”を選択し、X10 mini proを再起動させます。

  • cyanogen 7のアニメに続き、起動画面が表示されたらMiniCM7適用は完了です

X10miniprostartview2

7.GAppsおよび各種基本アプリのインストール ( X10 mini pro 作業 )

  • この段階の X10 mini pro は gingerbread が適用されただけで、マーケットやG-Mailなどいくつかの標準アプリが存在しない”不便で使えない”状態です

i> 電源ボタン長押し後”Reboot”に続いて”Recovery”をタップし”CWM-based Recovery”画面を表示させます。

ii> ”Install zip from sdcard”に続けて”Choose zip from sdcard”を選択します

iii> SD-CARD内のファイル一覧から”gapps-gb-20110613-signed.zip”を選択後、”yes Install gapps-gb-20110613-signed.zip”を選択します

  • これで GAPPS が適用され、マーケットなど基本アプリが使用可能になります

iv> 終了後”++Go Back++”に続けて”reboot system now”を選択し、X10 mini proを再起動させます

  • 再起動後に表示されるロック画面を解除すると、言語選択など一連の画面が表示されるので、目的に応じて設定します

X10miniprostartview3

v> WiFi または 3G携帯電話回線など、データ通信を開通させます

  • 設定 → 無線とネットワーク の各メニューで接続設定を行います

vi> アプリケーション画面からマーケットを起動します。

  • 初回起動時は、マーケットに次の画面が表示されます
  •  googleアカウントの設定画面
  •   既存のアカウントにサインインするか新たにアカウントを作成します
  •  マーケットアプリインストーラー画面
  •   ”インストーラー画面は一度だけ表示・・”画面で”OK”をタップすると
      ”インストールするアプリを選択”画面が表示されます。

X10minipromarket2

  •   インストールしたいアプリにチェックを入れ”OK”をタップすると、選択
      されたアプリがインストールされます
  •   インストール中は適宜”インストール”や”同意してダウンロード”を
      タップして画面を進めます

ここまでの作業で、X10 mini pro はすべての基本機能(アプリ)を備えた一人前の Android 2.3.7 gingerbread 搭載端末に”メデタク”変身できました。

  • X10 mini pro は MiniCM7 の導入により root 化と busybox インストールが
    完了した状態になります

特長・評価

1.速度測定

無料アプリ”Quadrant Standard”のベンチマークでは、Android 2.1 の状態で約480だったスコアが約990まで上昇した事で、パフォーマンスが約2倍に向上したと評価しました(ベンチマークは標準のクロック(600MHz)で実行)。

X10miniproquadrant

2.オーバークロック機能

MiniCM7には、オーバークロック機能が標準で組み込まれています。

  • クロックを上げると、高いパフォーマンスを引き出す事ができます。またクロックを下げると消費電力が抑えられ、バッテリーを長持ちさせる事ができます

オーバークロックは、設定 → CyanogenMod設定 → パフォーマンス → CPU設定画面で、設定できます(最少19MHz、最大806MHz、標準600MHz)。
X10miniprooverclock

  • ”警告:この先隠し機能”画面が表示されるので、危険を認識した上で”OK”をタップします
  • 過度のオーバークロックは、動作不安定や起動不能になる危険があります。オーバークロックで起動できない場合の対応策は”筆者にも”分かりません。←PC Companion でも修復できないかも・・・。

万が一の重大トラブルからの復元方法 

Sony Ericsson端末には、” 起動できない ”などの重大トラブル発生時に、元の(今回はAndroid 2.1)状態に復元してくれる Windows用ソフト”Sony Ericsson PC Companion”と言う強い味方があり、かなりの重症トラブルからの脱出も可能です。

PC Companionで携帯電話を復元する手順の概略を説明します。

Pccompanion2

i> PC上でPC Companion起動し、Support Zoneの”開始”をクリック

ii> 携帯電話のソフトウェアアップデートの下の”開始”をクリック

iii> ”携帯電話が見つかりませんでした”が表示されるので、”携帯電話の修復”をクリック

iv> ”携帯電話のソフトウェアアップデート”画面で”続行”をクリック

v> ”携帯電話メモリに保存した個人データが消失されることを理解しています”に
  チェックして”次へ”をクリック

vi> ソフトウェアアップデートの準備画面で3分程待つと、携帯電話の選択画面が現れるので”X10 mini pro”を選択し、”次へ”をクリック

vii> 表示される携帯電話とPCの接続指示に従い、X10 mini proの電源を切った状態で”←”ボタンを押しながら、PCとUSBケーブルで接続

viii> 携帯電話の修復(画面上ではソフトウェアアップデートと表示)が起動する

ix> アップデートされた・・・との表示が出たら、USBケーブルを抜き、携帯電話の電源ON

以上で元の状態(今回はAndroid 2.1-updarte1の状態)にX10 mini proが復元されます

  • PC Companionで携帯電話を復元する作業を”ハードリセット”と呼ぶ事があります

« iPhone4 SIMフリー版を日本で海外SIMを使いアクティベーションする | トップページ | iPhoneでWiFiインターネット共有 設定と運用の実際(改定版) »

コメント

ありがとうございます。この通りに行い無事にカスタムロムを導入できました。私の場合はリブートではだめで、バッテリーを外すことで、なんとか起動しました。

投稿: leopard | 2012年2月26日 (日) 20時14分

筆者BIRDです
カスタムROM導入成功おめでとうございます。
リブート不能時のバッテリー外しなど機転の効く leopardさんの行動が効を奏したのだと思います。
本カスタムROMでパフォーマンス大幅向上したので、当分X10 mini proは現役維持の予定です。
残念なFMラジオの日本語化は、radio.apk内に外国周波数定義が埋め込まれているので、apkファイルを分解して日本語化するしかないのですが、当面その時間がありません。
以上ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年2月26日 (日) 23時34分

x10 minii proを2.1のまま使っていたのですが最近フリーズすることも多く買い換えようか迷ってました。
どうせ買い換えるならと思い、こちらのページを参考にカスタムROMを導入したのですがモッサリ感も消え使いやすくなってビックリです。
当分買い換えずに済みそうです。ありがとうございました。

投稿: | 2012年3月23日 (金) 07時05分

筆者BIRDです
コメントありがとうございました。カスタムROM適用により「現役続投」宣言とは素晴らしいですね。
新製品続々登場で日々変化するスマートフォンの世界ですが、冷静に見ると、新製品に革新的な新機能が加わる訳でもなく、単にUIや速度や表示機能を焼き直しているだけの、発展性のない「つまらない」世界に思えてしまいます。
言い換えれば、古い機種はUIや速度や表示機能以外ハンディーはほとんどないので、カスタムROM適用でハンディーを取り除く事は新製品と同一線上に並ぶ事になり、とても大きな意味があると考えています。
今後、どうしても新製品を買わなくてはならない展開になるまで、筆者もしばらく新生品に手を出す事を”なるべく”(ゼロにはできませんが)控え、現役続投の方向で行こうと思います。
ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年3月23日 (金) 08時27分

BIRD様
此方を参考にして、
U20iの更新を行いました。
更新自体は問題なかったのですが、
Wifiテザリングが正常に機能しません。
具体的には
テザリング開始後しばらくすると
テザリング解除されているような感じです。
BIRD様ではこの辺は問題ありませんか?

投稿: Bantou | 2012年3月26日 (月) 14時05分

Bantou様

筆者BIRDです。
問題のご報告ありがとうございました。
Wifiテザリングが切れる問題は2月にタイで確認しましたが、筆者のU20iの独自問題と思っていました。今回ご報告を契機に、改めて調べるとxdaフォーラムに(僅かですが)報告があり、少なくとも個別問題でない事が確認できました。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=22236694#poststop
テザリングは、MiniCM7のFeaturesにNative Wifi Hotspotと記述されている「ROMの機能」なので、不具合修正はROMのバージョンアップに頼るしかないようです。
但し、全く機能しない訳ではないので、スリープ時に切れる等・・・現象を良く調べ”解決策”とはいかないまでも”対応策”を見つけられるかもしれないと2月時点で模索しましたが、時間切れでできませんでした。
残念ながら筆者は日本でテザリングができる環境がなく(ドコモやSBの2.1GHz携帯回線がない)ので、対応策の模索ができないので、ROMでのFIXを待ちたいと思います。
Bantou様に、適切な情報をお送りできず、申し訳ありません。
なお、ブログ記事には、WiFiテザリングは不安定との注意書きを追加しておきます。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年3月26日 (月) 17時00分

BIRD様
確認ありがとうございます。

当方、
中古白ロムを購入してからのROM更新だったので、
当方だけ問題かと思っていました。
ROMが更新されるまで気長に待つしかないようですね。

投稿: Bantou | 2012年3月26日 (月) 18時10分

本記事のおかげで、X10 mini(E10i)へのMiniCM導入がスムーズにでき、大変助かりました。
ありがとうございます。

ちょっと気になったのが、
4.ブートローダーアンロック ( X10 mini pro および PC作業 )で、msm7227.zipから解凍されるbootTools\adb.exeがトロイの木馬として検出されました。検出ソフトはMcafeeです。

少し気になったので報告した次第です。ご確認いただければ幸いです。

投稿: ピーピーエイダー | 2012年5月 5日 (土) 11時05分

ピーピーエイダー様 筆者BIRDです

ご連絡ありがとうございました。
adb.exeがウィルスとして検出される事は、事前にmsm7227.zipの配布サイト( http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=17384177&postcount=3  )で以下の注意書きにて報告されています。
if you using eset antivirus or similar shit, it will find evil virus in adb.exe.
ignore that, it is not virus in any way, it is standard android debug bridge, bundled in one file to save space and usability.
ここでは、adb.exeがウィルスとして検出されるけれど、ウィルスではないので、ウィルス対策ソフトの警告は無視してほしい事が書かれています。
確かに当方のウィルス対策ソフト”Microsoft Security Essentials”ではadb.exeをウィルスとして検出しますが、注意書きの様に警告を無視して、ブートローダー・アンロックに使用しても、その後PCまたはX10 mini proがウィルスに感染した兆候は全くないまま現在に至っています。
また、皆さまからウィルスに感染したとのご報告も一切頂いておりません。
本ソフトについては、半年以上の間、世界中で多数の方の評価を得ているであろう事を勘案すると、サイトの注意書きは信用できるとの心証を得ています。
但し、筆者は絶対的な安全を保証できる立場にはないので、本ソフトのご使用は、危険を認識した上で、自己責任で行って頂ければと存じます。
ご連絡ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年5月 5日 (土) 13時12分

ご確認いただき、誠にありがとうございました。
注意書きがあったのを見過ごし、なんだか気持ち悪いなーってぐらいでコメントしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

投稿: ピーピーエイダー | 2012年5月 6日 (日) 09時44分

ピーピーエイダー様

筆者BIRDです

こちらこそ貴重なご指摘感謝いたしております。
今後も何かあればご指摘・コメント等賜ればと存じます。
再度ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年5月 6日 (日) 14時27分

Xperia X10 mini pro(Androidバージョン 2.3.7)を使用しています。以下の状態に悩まされています。何か解決方法がありましたら教えてください。
FMラジオ(/system/app/Radio.apk)の日本周波数への対応を行ってみました。
「ミニーの独り言 (´○`)はぁ~」さんやpocketgames PDA秘宝館さんの記事を参考にさせていただきました。しかし、数回rootを取って行うもどうしても周波数の変更が出来ず、FMラジオの画面は変化がありませんでした。そこで「FMラジオの置換え」
mv /system/app/Radio.apk /system/app/Radio.bak
cp /sdcard/Radio.apk /system/app/Radio.apk
を行い、rebootをかけてFMラジオを起動したところ、「FM radio(com.sonyericsson.fmradio)が予期せず停止しました。やり直してください。」「強制終了」のエラー表示が出てしまいFMラジオの起動が出来なくなってしまいました。この様な状況に陥った場合の対処方法がお分かりの方がいましたら教えてください。お願いいたします。

投稿: jun | 2012年6月13日 (水) 21時37分

junさま 筆者BIRDです
コメントありがとうございました。
FMラジオの件は記事で説明の通り、miniCM7搭載版Radio.apk以外のFMラジオは異常終了する既出の問題です(署名や証明の問題?)。
junさまが参考にしたブログは内容不明ですが(ブログなど参照先がある場合URLを貼って頂くとありがたいです)、miniCM7のRadio.apkに関する内容でない限りダメでしょう。
miniCM7搭載Radio.apkは、apk内部に周波数帯の設定を持っているので、以前の様に外部のcustom_settings.xmlファイルにJAPANとか指定しても効果がありません。
もし日本語化するなら、署名や証明を活かす意味でminiCM7搭載のRadio.apkを素材に日本語化の設定を入れ込むのがスムーズと思います。
具体的にAPKTOOLで分解し、該当部分をJapanese に修正し、再構築後miniproに入れ込む方式かなと思いますが、この作業は暇が無いので筆者が行う予定はありません。
もしjunさまが日本後対応Radio.apkを作成したら是非コメントでお知らせください。
なおminiCM7のFMラジオ(外国仕様)復活は、もう一度miniCM7導入を最初からやる方が早いかもしれませんね。
なお、本件は筆者が未確認の事柄なので、これ以上の情報はありません。あしからず。
コメントありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年6月13日 (水) 23時08分

筆者BIRD様早速の返信有難く読ませて頂きました。
参考にしたブログは

http://blog.8796.jp/8796kanri/2010/09/%e9%9b%bb%e8%a9%b1-xperia-x10-mini-pro%e3%81%aefm%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%91%a8%e6%b3%a2%e6%95%b0%e5%af%be%e5%bf%9c.html

http://www16.atwiki.jp/x10minipro/pages/45.html

http://mini.x0.com/category/x10-mini-pro/

以上が、私が主に参考にしたブログです。

やはりAPKTOOLでRadio.apkを分解し、再構築するのが良いのですね。分解再構築は、私も行った事が無いので、少々不安ですが時間が出来ましたら行ってみます。何か上のブログを見て起き好きの点がありましたら、また、アドバイスお願い致します。色々ありがとうございます。jun

投稿: jun | 2012年6月15日 (金) 14時41分

Junさま   筆者BIRDです
再度参考ブログの情報ありがとうございました。
記事の内容を見ると、どれもオリジナル版X10 miniproのラジオに関する記事なので、miniCM7カスタムROMでは使えない情報です。当然FMラジオは動かないと思います。
Junさまは、時間ができたらapktoolで日本語化にチャレンジされるとの事、成功のコメントを頂ける事を期待しています。
なおapktoolなどのインストールにはそれなりの環境が必要ですが、根気良くネットで探せばなにをどうすればよいか情報は見つけられる筈です。
情報を見つける過程で別の情報も色々入ると思いますが、そこで得た別の情報もないと、apktoolをインストールしても結局使えない事になるので情報収集は大変でもご自分でされる事をお勧めします。
なお、apktoolとそれに必要な環境は全てネットから無料で入手できます。
ご健闘をお祈りします。
ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年6月15日 (金) 18時57分

今晩は。色々とアドバイスありがとうございます。これからコツコツ時間を作って、X10 miniproの復帰を目指します。復帰した暁には?また、ご連絡させて頂きます。大変ありがとうございました。m(_ _)m

投稿: jun | 2012年6月20日 (水) 22時53分

junさま   筆者BIRDです
こちらこそありがとうございました。
うまく行くことを願っております。
miniCM7はかなり人気のあるROMなので、FMラジオ日本周波数対応がminiCM7で実現すれば、恩恵を受ける方々の数はかなりに上ると思います(筆者もその一人です)。
誰も成し遂げた事のない前人未到の”大変な事”をやるとの前向きの意識で、困難を乗り越えて頂ければとの思いです。
完成の暁には是非投稿お願いします。
ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年6月21日 (木) 08時11分

ブートローダーアンロックができないのですが、どうすればいいですか?

投稿: sho | 2012年7月 7日 (土) 15時02分

私は、兄からもらったカスタムROMをxperia x10 mini proをroot化してxrecoveryをインストールしてカスタムROMをインストールしました。すると兄のカスタムromは2,2でした。もう一回xrecoveryを起動すると”CWM-based Recovery”になっており、ここからこのサイトの6番からしました。でインストールしたのですが画面がずっとsony ericssonのままです。2.3.7にしたいです。誰か助けてくださいお願いします。

投稿: sho | 2012年7月 7日 (土) 15時54分

sho さま   筆者BIRDです
コメントありあごうございました。
現在エストニアの首都タリン滞在中です。
現時点でshoさまのトラブルに関連する情報は受けていないので、申し訳ありませんが適切なお答えができません。
本記事のROM焼き全体に関するトラブル情報は記事掲載時からなく、比較的安全で安定したROMではないかとの心象です。そのため、shoさまのケースでは再度システムを復元し、最初のステップから作業を再度行う事がベターではないかとの感触です。
なお筆者はxrecoveryは使用していないので、効果や問題については不明な上、CWMのリカバリーでも本来の復元でない可能性があるので、復元は記事の^万が一の重大トラブルからの復元方法^のやり方で行う事をお勧めします(バックアップをXRECOVERYであらかじめ取っておいたということでしょうか?ちょっと内容不明です)。
shoさまが。もし何れかの方法で問題解決ができましたら、再度ご報告頂ければと存じます。
問題がうまく解決する事をお祈りしています。
ありがとうございました。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年7月 7日 (土) 20時45分

もう一回やり直してみました。するとブートローダーアンロックできました。ですが肝心のROMが動きません。インストール完了したのですが画面にsony ericssonが表示されたままです。何分おいてもこの状態です。どうすればいいですか?

投稿: sho | 2012年7月 8日 (日) 16時04分

SHOさま 筆者BIRDです
前向きので再チャレンジなかなか良いですね。
ROM焼きは、危険を乗り越える不屈の精神と忍耐が必要ですが、SHOさまは、十分資格をお持ちのようですね。
頑張ってください。
ご質問の件は、当ブログへの最初のコメントに似ているような気がしますが、バッテリー外しなどを試すのも手かもしれませんね。現在その程度の情報しかありませんが、成功をお祈りしています。

投稿: 筆者BIRDです | 2012年7月 9日 (月) 19時32分

もう一回したのはいいのですが・・・ブートローダアンロックができなくなりました。どうすればできますか。一度は成功したのですが、できません。教えてください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
shoさま  筆者BIRDです
一度は成功のアンロック再度だめな件、何とも理解できません。一度成功したならその方法を繰り返せば成功する筈です。再チャレンジお願いします。
カスタムROMやアンロックツールは、何百万台もの製品の上で確実に動く設計はしていないので、お持ちの端末は外れだったのかもしれません。
外れに関しては、元々お金を払って買ったものでなく、危険を認識して自己責任の上で無料で提供が前提のROMやアンロックツールなので、当然保証はなく、単に外れだったとあきらめるしかありまん。
それよりも心配なのは、余り深入りすると、スマホが全く動かない文鎮状態になる危険です。その時は誰も保証してくれない上、端末を1台失う事になり元も子もなくなります。

shoさまがカスタムROMを動かしてやろうと思った目的に照らし、危険を冒す意味がないなら、端末を1台失う事を避けるために、ROM作業をしない現状維持をお勧めします。

七月末つまでヨーロッパ滞在でX10 MiniProは持参していないのでサポートできる状態でありません。
もしやられるなら、残るはshoさまの危険を認識した上でのチャレンジ精神と実行力だけです。shoさまに期待しています。
 
追伸
なお、一般的ですが、何かを質問をする場合、詳細情報を細かく書くのがルールであり、答えを出す早道です。詳細情報は診断のために必要で、それがないとヒントがないクイズのようなもので、答えは出ません。また、何かアドバイスをもらった場合は、それをしたらどうなったかの結果報告もルールです(これも次の重要な判断材料になります)。

詳細情報とは、どんな環境で、何を、どうしたら、どうなったなどの詳細の作業内容と経過(起承転結)です。

記事は、筆者が試して成功した時の作業手順を書いただけのもので、違う作業をするとどうなるかについては筆者も経験外です。またうまくいかない場合についての情報も筆者にはなく、コメントを寄せて頂く皆様から”こうしたら駄目だけどこうしたらうまくいったなど”の情報を相互に出しあいながら記事の質を上げて行くのが趣旨です。

その意味で、shoさまから、早く有益な情報を頂きたいのが本心です。有益情報とは、成功だけでなく失敗した情報も有益です。読者にとって^これをしてはだめなんだな!”と分かる失敗情報はすごく有益です。その場合、失敗しましたの一言では意味がなく、これをこうしたら失敗・・・の詳細情報がないと意味がありません。

以上よろしくおねがいします。

投稿: sho | 2012年7月14日 (土) 15時37分

ブートローダーアンロックができませんが、する必要はあるのですか?cmwrecoveryはインストールできました。(root化も)この状態でインストールしたらずっとsony ericssonの画面のままなのですが、アンロックのやり方を教えてください。よろしくお願いします

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
yuuyaさま    筆者BIRDです
投稿ありがとうございました。
記事には必要がある事が書いてあるので省略するとうまく動きません。
アンロックがうまくいかなければ、それ以降の段階は何をしても動かないと思います。
問題があれば、記事本体でなく、コメントを参照してください。コメントには記事を読まれた方々が実際に経験したトラブルやその打開策などの生の有益情報が投稿されています。
<<情報をご投稿いただいた方に感謝いたします>>
sony ericsson画面以降進まない場合は電池外しが有効かもしれません(想像ですが)。
ブートローダーアンロック方法は記事の通りで、それ以外の方法はわかりません。
ひたすら記事の作業を正確に(省いたり変更したりせず)実行してください。ご質問にあるcmwrecoveryは記事本文にない項目なので、それをされたのなら、作業を正確に実行されていない、つまり動かない状態だと思います(綴り違いのCWMrecoveryならまだ理解できますが、アンロック未達成では意味がないでしょう)。
それで駄目なら、お持ちのX10MiniProは外れで、アンロックやROM適用はできないと思います。
カスタムROMやアンロックツールは、何百万台もの製品の上で確実に動く設計はしていないので、お持ちの端末は外れだったのかもしれません。
外れに関しては、元々お金を払って買ったものでなく、危険を認識して自己責任の上で無料で提供が前提のROMやアンロックツールなので、当然保証はなく、単に外れだったとあきらめるしかありまん。
それよりも心配なのは、余り深入りすると、スマホが全く動かない文鎮状態になる危険です。その時は誰も保証してくれない上、端末を1台失う事になり元も子もなくなります。
以上よろしくおねがいします。

投稿: yuuya | 2012年7月15日 (日) 18時49分

初めまして。韓国釜山に10年以上在住の者です。
韓国も5月から携帯電話がブラックリスト制度に変わり海外から
買った端末がSIM の差し替えのみで使用出来る様になりました。
実際に使用出来るのかは周囲の韓国人の誰もが試しておりません
ので人柱となるべく Xperia Mini Pro を発注、間もなく到着する
見込みです。そこで現在使用中の X10 Mini Pro の GB化をしよう
と思い調べておりましたら貴殿のブログに行き当たりました。
尚、この X10 Mini Pro は韓国にて販売している物です。
既にこの件に対する問合せは締め切られている様ですが、
ブートローダーアンロックでつまずいてしまいました。ルート化は
問題無く出来ているのですが msm7227_semc.cmd にてブートローダー
アンロックをしようとすると下記の通りとなってしまいます。

process requires standard 2.x android firmware.
続行するには何かキーを押して下さい…
Getting ROOT rights.
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
Waiting ...
指定されたパスが見つかりません。
Removing NAND MPU restrictions via SEMC backdoor.Permanet. Required ROOT rights.
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
Waiting...
指定されたパスが見つかりません。
Waiting...
指定されたパスが見つかりません。
Getting ROOT rights.
指定されたパスが見つかりません。
Waiting...
指定されたパスが見つかりません。
Writing patched smcboot. Two stop process
First, we need get access to semcboot area
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
Second, we need to write semcboot ;)
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
続行するには何かキーを押して下さい…

何か駄目な理由が有るのでしょうか? 端末自体は SIM ロックは
掛けられていないと思うのですが、SIM ロックが掛かっている場合は
駄目なのでしょうか? お知恵を拝借頂ければ助かります。
こちらでは聞く人もおりませんし手こずっております。

多忙の所ご迷惑をお掛け致しますが、何卒お力添えをお願い致します。

==========================================
在韓日本人様      筆者BIRDです

ご質問および韓国モバイル情報ありがとうございました。

韓国がホワイトリストからブラックリストに変えた事で、空港でポケットWiFiなど借りずに、自前スマホでモバイルできるのは喜ばしい限りです。後はプリペイドSIMの入手や流通状況次第ですね。情報があれば、お願いします。

ブートローダーアンロックの件は、推察ですが、PC上のコマンドプロンプトで、msm7227_semc.cmdが保存されているPC上のフォルダーに移動しないで、コマンドを起動したのでないかと思います。
cdコマンドで、msm7227_semc.cmdの保存フォルダーに移動した上で、dir でカレントディレクトリにmsm7227_semc.cmdが存在するのを確認の上、同コマンドを起動して見て下さい。
これでもだめなら、msm7227.zip解凍時に”msm7227”フォルダー内に生成されるadb.exeがウィルス対策ソフトにウィルスと誤認され、消去されている可能性があります。
adb.exeは、mam7227.zip配布サイトでもウィルスではないのに誤認されることが事前に記述されている上、トラブル報告も無く、ほぼ安心と思います。ウィルス対策ソフトの設定を変えて、adb.exeが存在できる状態で再度zip解凍を試みて下さい。この辺りは、本記事のコメントを参照して下さい。
うまく行けば良いですね。

ご質問ありがとうございました。

投稿: 在韓日本人 | 2012年9月14日 (金) 16時19分

BIRD様、
アホでした。Norton Internet Security のみを止めていたのですが
Microsoft Security Essentials が動いておりました。
ご指摘を頂き気が付き、これも止めました所、無事に完了、一生懸命に設定を行っている所です。
助かりました。有難う御座います。
さて、Mini Pro も月曜日には配達される様なので暫くは暇つぶしが出来そうです。
韓国ではプリペイドとかレンタルの Data SIM は無かったと思いますが調べておきます。

====================================
在韓日本人様        筆者BIRDです

やはりウィルス対策ソフトの誤認でしたか。うまく行って何よりです。
また韓国のプリペイドSIM情報ありがとうございました。現時点でデーター通信用はないとの事で、筆者(旅行者)としては空港でポケットWiFiレンタルが現時点で最善かなと考えています。
所で、ウィルス対策ソフトの二重インストールは危険です。パソコンの動作不安定や、最悪の場合、起動不能になる危険性があります。
二重に入れるとより安全との認識は誤りで、動きが重くなり、危険度が増します。どちらかアンインストールをお勧めします。二重インストールの悪影響については以下のサイトなどを参考にして下さい。
http://www.pc-master.jp/security/j-install.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4539768.html

以上ありがとうございました。

投稿: 在韓日本人 | 2012年9月16日 (日) 08時30分

突然の質問をお許しください。

現在、記事の通りに挑戦しておりまして
>5.kernelアップデート ( X10 mini pro および PC作業 )

>v> PCのFirmware Selection画面のFirmware Conten表で、”loader.sin”を選択し”OK”を押します
>接続を指示する画面が表示されるので、次を行います
>USBケーブルを抜き、X10 mini proの電源を切る
>X10 mini proの”←”)ボタン(写真右)を押しながらUSBケーブルを接続する
の部分で戻るボタンを押しながらUSBケーブルを接続するもエラーとなってしまいます。

フラッシュツールで表示されたログ(一部)は以下の通りです。

- INFO - Root Access Allowed
- INFO - Selected U20_nAa-11_2.6.29.6-nAa-11.ftf
- INFO - Preparing files for flashing
- INFO - Please connect your device into flashmode.
- INFO - Device disconnected
- INFO - Opening device for R/W
- INFO - Start Flashing
- ERROR -
- ERROR - Error flashing. Aborted
- ERROR - Drivers need to be installed for connected device.
- ERROR - You can find them in the drivers folder of Flashtool.

お忙しいところ恐縮ですがアドバイス等可能でしたらよろしくお願いいたします。

=====================================
Xさま   筆者BIRDです

ご質問ありがとうございました。

詳細状況が不明なので推測すが、エラーメッセージを見る限りドライバーが問題を起こしているようです。

この場合一番ありそうなのは、起動するフラッシュツールが、お使いのOS(64ビットまたは32ビット)に対応していないケースです。

OS(Windows)のビット数を確認(方法はググッてみて下さい)し、正しいフラッシュツールを使ってみて下さい。

それでもダメな場合・・・・
フラッシュツールについて、今まで問題報告は一切なかったので、動作は安定していると思います。その上でトラブルが治まらないなら、フラッシュツール以前のステップがうまくいっていない可能性もあります。

お手間だと思いますが、最初から記述に忠実にやり直すのが早道かもしれません。

以上推測ですが、うまく行けば良いですね。

投稿: X | 2012年9月17日 (月) 18時12分

再び失礼します。
詳細情報を自分なりに記載したつもりでしたが、詳細状況が不明とのことで、大変失礼しました。

win7の64bitを使用中で、その選択は間違っていなかったため、再度X10 mini proの初期化をし、フラッシュツールのインストールなど全て最初からやり直しました。

その結果、同様の段階で再びエラーとなりました。

その際、前回は見落としていたのですが
戻るボタンを押しながらUSB接続した際に、
デバイスドライバー?のインストールをしています、とのアイコンがステータスバーに出現し、その後「デバイスドライバー ソフトウェアは正しくインストールされませんでした」となりました。

どこが間違っているのかもしもお気づきでしたらアドバイスをよろしくお願い申し上げます。またどうすればデバイスドライバーのソフトウェアの正しいインストールが可能になるのか等ご教授いただければ幸いです(これが今回必須の工程で無いとすれば別ですが…)

また、最初からやり直す際、今回は(1)x10を初期化し、(2)root化は既にしていたため省略し、(3)フラッシュツールはアンインストール⇒再インストールの作業をし最初からやり直しC:\Flashtool\firmwaresフォルダーにU20_nAa-11_2.6.29.6-nAa-11.ftfを入れなおしましたが、もっと最初からやり直す必要が等あったでしょうか?

投稿: X | 2012年9月19日 (水) 02時48分

追記

自力でドライバをインストールすることができました。

その後、フラッシュツールでの作業に(結果的に)成功し(2行ほどエラーが出ましたが無視して先に進んでしまいました、結果的に成功したため、結果論で言えば無視してよかったみたいです…)

また、「6」の「vi」の後に、「vii」の表示が無く、「7」の「ii」に飛びました。これは、読み替えたMiniCM7-2.1.9-mimmi.zipを使用したからかもしれませんが…

あとは、指示書の通りに行うことができました。

これで今後の海外生活において利用を期待できそうです。
色々と助言ありがとうございました。

=================================================
Xさま     筆者BIRDです

再再度のフォローありがとうございました。
自動導入できないドライバーを手動で入れてOKとの事、お疲れ様でした。とにかくうまく行って何よりです。

ドライバーが自動で入らないのは、PCがminiproを正しくminiproと認識できない結果、違うドライバーを導入しようとしたのかなとの推測です。また、Windowsユーザーアカウント制御でドライバー導入が阻止されたかもしれません。

Xさまは、問題はドライバー導入失敗にある事を特定し、自動導入できないなら手動で入れてみようと臨機応変の発想をされ、更に手動でドライバー導入できた・・・など高いスキルをお持ちとお見受けしました。

満足な手順書が無いROM焼きは、常に文鎮化の恐怖と闘いながらの試行錯誤の連続です。高いスキルをお持ちのXさまなら、こうしたプレッシャーをものともせず、どんどんROM焼きに挑戦されるのではと大いに期待しています。

お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

投稿: X | 2012年9月19日 (水) 04時27分

cm-7 cm-9 対応 日本対応Radio.apk 差し上げます。  捨てアドでも返信ください。 間に合っているようでしたらあしからず。wobbly 日本語フォントも良ければどうぞ。

----------------------------
x10miniさま      筆者BIRDです

X10mini pro日本語対応ラジオapkとフォントご提供のお声掛けありがとうございました。
こちらこそ悪しからずですが、現時点で忙しく、ご提供頂いても有効利用できる可能性がなく、結局両方共間に合っている状況です。

但し、未だに当ブログX10mini pro記事の週間閲覧回数は250以上で、同端末情報を必要としている方は多いと思うので、もしx10miniさまが本apk情報を発表すればそれなりの反響があると思います。
例えば、apktoolで海外版apkを日本語に再構築したなら(筆者はその方法でx10miniさまは日本語化したと想像しています)、方法を何らかの形で発表すれば有益だと思います。ご検討されたらいかがでしょうか。

今回はコメントありがとうございました。

投稿: x10mini | 2013年2月13日 (水) 09時30分

BIRDさま、話題違いのコメントをお詫びします。古いXPERIA X10 miniの話題については、コメントがクローズされていたためです。最近、初代のXPERIA X10 miniを購入することができまして、ROMをMiniCM7に入れ替えて持ち歩きはじめたところでございます。日本国内のFM放送周波数帯に対応したRadio.apkを作りたくapktoolと格闘しておりますがbuildで元に戻す技量不足でございます。apktoolのifオプションでframework-res.apkを処置済みですがapktool bでdirectionalityのエラーだと言われております。ご指南頂戴できれば嬉しく存じます。あるいはRadio.apkのありかを知ることはできますでしょうか。勝手なお願い恐縮です。よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------
文珠川慧久さま           筆者BIRDです

コメントありがとうございました。

ジャンル違いなので、本X10 miniproのコメント欄に移動させて頂きました。

なお文珠川さまのX10miniと当ブログのX10miniproは同じX10シリーズなので似ている部分も多く存在しますが、僅かな違いで動作しないカーネルやROMの観点では、全く別機種です。その意味でX10miniの情報は全く持ち合わせていないとお答えするのが適当と思います。

apktoolでは一部処理が完了していて一見正常に動いているようですが、環境変数やjava、フレームワークが完全でないと特定のコマンドが動かないなどデリケートな所があったと記憶しているので、apkツールのインストールや動作環境から疑って見るのがよいと思います。

筆者は一貫して海外モバイル実践を中心に活動して来ましたが、最近日本国内で正規にSIMフリースマートフォンが販売されるようになり、国際版スマートフォンの改造をしなくても海外モバイル実践が可能になりました。このため、お問い合わせレベルの作業から離れて久しい状況です。

また過去の記憶も薄れ、これ以上作業に関するご質問にお答えできない状況です。←これがコメント欄をクローズした理由です。

X10minipro記事のコメント欄にはradio.apkをお持ちの方からコメントが寄せられているので参考にして下さい。なお筆者はradio.apkをお持ちの方の情報を持ち合わせていません。

以上あしからず。
コメントありがとうございました。
うまく行くことをお祈りしています。

投稿: 文珠川慧久 | 2014年5月18日 (日) 20時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224741/43781611

この記事へのトラックバック一覧です: XPERIA X10 mini pro現役復帰 MiniCM7で高速Gingerbread 2.3.7化:

» スンマセン。 [一体どうなんでしょう]
Xperia miniも落ち着... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 22時42分

« iPhone4 SIMフリー版を日本で海外SIMを使いアクティベーションする | トップページ | iPhoneでWiFiインターネット共有 設定と運用の実際(改定版) »