« テザリングinハノイ mini S51SEが創り出すベトナム快適モバイル | トップページ | XPERIA X10 mini pro現役復帰 MiniCM7で高速Gingerbread 2.3.7化 »

iPhone4 SIMフリー版を日本で海外SIMを使いアクティベーションする

  • 先日(2011年12月)香港”先達広場”で,”出来心”からSIMフリー国際版 iPhone 4 (4Sではありません )を衝動買いしてしまいました。現地では忙しかったので、開封せず日本に持ち帰りましたが、仕事がやっと一段落したので、アクティベーションに挑戦した結果、成功しました。
    今回はアクティベーション方法の説明と、アクティベーションが可能な条件をある程度絞り込みできたので記事として報告します。

今まで筆者は”スマートフォン”と言えば”Android”一筋だったので、かねてから”iPhone”だけにある?不思議な用語、”アクティベーション”なるものに”疑問”や”違和感”を抱いていました。

今回この機会に”Android派”としてiPhonに抱く一番の疑問を解決する”実験”の意味も兼ね、iPhoneの”アクティベーション”に挑戦してみました。

購入してしまったiPhon 4

根がAndroid派なので、iPhoneにお金をかけたくない”いじけた”精神から、最近の iOS 5.0に触れられる上、価格が一番安いSIMフリー国際版 iPhone 4 の 8GB 白 iOS 5.0.インストール版を購入しました。

Iphonebox
香港の先達広場で、SIMフリー版は、SIMロック版より約4千円高い価格で販売されていました。それにしても半年前は6万円弱で販売されていた iPhone 4 が4万円台半ばで購入できるのは驚きでした。

  • ちなみにSIMフリー版 iPhone 4S 32GBは7~7.5万円程でした(64GBは品切れで価格は確認できませんでした 2011/12/15時点)。

アクティベーション大実験

今回は筆者にとって初めてのiPhoneで、文化の違いに大いに戸惑う次第ですが、Webなどから色々情報を得ながら”見よう見まね?”で何とか青息吐息の実験となりました。

  • 本記事はiPhone初心者が行った”馬鹿な実験メモ”としてお読みください。
  • 実験結論として、以下のiPhone 4は、SoftbankやKDDIのSIMがなくても、日本国内で、以下の条件に合う外国のプリペイドSIMがあれば(未開通や期限切れのSIMでも)アクティベーションできる事が分かりました。
  •  1.日本で外国のSIMでアクティベーション可能なiPhone 4の条件
  •   SIMフリー国際版(香港購入のもの)
  •   iOS5.0以上搭載(iOS 5以前のものは検証していません)
  •   iPhone単体でのアクティベーション(PCを接続してiTunes経由の
      アクティベーションは検証していません。iOS4以前はiTunes経由
      でないとアクティベーション不可能でした)。
  •  2.日本でアクティベーションに使用できるSIMの条件
  •   iPhoneを販売している外国のキャリアのSIM(プリペイドOK)
  •    キャリア名は以下のページでご確認下さい
       http://support.apple.com/kb/HT1937?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP
  •   SIMは未開通や期限切れ、チャージ切れでも問題ない
  •   どの国のSIMを使用しても、問題なく日本語化できる
  •   iPhoneをSIMロック状態で販売するキャリア(例えばSoftbank)
      のSIMでアクティベーションを行うと、元来SIMフリー版だった
      iPhoneもSIMロックされてしまう危険があるとの未確認情報
      あり、要注意です。
  •   通常サイズのSIMはハサミやSIMカッターでマイクロSIMに加工します
  •  結果を表にまとめると次の通りです

Iactive0

以下はアクティベーションの実際の流れです。ご興味があればご覧ください。

  • 再度確認ですが、実験はすべて日本国内(神奈川県)で行ったものです。

実験1.iPhonを販売していないキャリアのSIMでアクティベーション←これ失敗

まず、開封後、たまたま机の上に期限切れの中国移動”ChinaMobile”のSIMが転がっていたので、適当にSIMカッターでマイクロSIMにカットし、iPhone4に挿入してみました。電源を入れると、いきなりSIMエラーが表示され、それ以降進めなくなり、アクティベーションは失敗しました(写真)。
Iactive1x

WEBで調べると、アクティベーションには、iPhoneを販売するキャリアのSIMが必要との事で、実験に使用した中国移動のSIMはiPhoneを販売していないキャリアのため、エラーが表示されたと推測しました。

iPhoneを販売しているキャリアはアップルの以下のページで確認できます。http://support.apple.com/kb/HT1937?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

やはりSIMフリー版とは言っても、アクティベーションにはiPhoneを販売するキャリアのSIM(以降有効キャリアSIM)が必要なようです。

実験2:日本国内で海外の有効キャリアSIMでアクティベーション←これ成功

実は筆者は”実験1”が失敗した事で、日本でのアクティベーションを半ば諦めかけました。筆者が事前にWEBで得た情報の通り、アクティベーションはAppleの厳しく管理下で行われている事実を目の当たりにしたからです。

  • 筆者は、日本でiPhoneを販売するSoftbankとKDDIの何れのSIMも所有していないので、日本国内ではアクティベーションができない可能性が強まったとの認識でした。
  • もっともSIMロックを掛けてiPhoneを販売するSoftbankなどのSIMでアクティベーションすると、SIMフリー版iPhoneにもSIMロックが掛けられてしまうとの未確認情報があり、安全のため日本キャリアのSIMは使わない方針でした。
  • 筆者は海外SIMを複数所有していますが、その中で”iPhoneを販売しているキャリア”が発行したSIMは、香港”3”とフィンランド”ELISA”およびタイ”AIS”のプリペイドSIMカードの3種類です。何れにしても原産国ではなく、遠く離れた日本国内でのアクティベーションに使おうとの試みなので、成功するか心配な状況でした。

ここは迷わず実験を始めよう!と、半ばやけくそに、香港”3”未開通SIMを入れて電源を入れてみると今度は見事に”iPhone”の文字が表示され(写真)、アクティベーションの段階に進めそうな雰囲気です。←万歳!!Iphone4

画面下の矢印を右に移動してロック解除するとリンゴのマークに続き、”ようこそ”と言語選択画面が表示されます。←アクティベーション開始は間違いなさそうです。

Iactive2 Arrowright Iactive3

Britishi Englishの下の下向きの矢印をタップすると、その他の言語一覧が表示されるので”日本語”をタップしてチェックを入れ、右向き矢印”→”で次に進みます。この状態で日本語が表示されるようになりました。

  • 言語リストの一番上は、挿入したSIMの原産国の言語が表示されますが
    (例:香港SIMは中国語、フィンランドSIMはフィンランド語、タイSIMはタイ語)、
    下向き矢印をタップすると表示される画面で日本語を選択することで、問題
    なく日本語化できました。結局
    どの国のSIMでアクティベーションしても
    問題なく日本語化できるようです。

Iactive4

”国または地域”画面が表示されるので、”さらに表示・・・”をタップし、地域のリストが表示されるので、日本をタップしてチェックを入れ、”次へ”をタップし画面を送ります。

Iactive5a
表示された位置情報サービスに(適当に)チェックを入れ”→”でWiFiネットワーク画面に進みます。

ここで、WiFiネットワークに接続できないと、アクティベーションが進みそうもないので、家庭で使用しているWiFi(SSID)”LoxxxxxxxxxA9”をタップして画面を進めます。
Iactive6_2

パスワード入力画面でパスワードを入れ”接続”をタップすると接続が開始され、成功すると目的のSSIDにチェックが入ります。”次へ”をタップします。
  Iactive7

  • この段階で、今まで”圏外”表示されていた3G回線が、接続中になり、最終的に”3”SIMのローミング契約相手のNTT DOCOMOに変わりました(次写真の画面上部通知領域、”3”の日本でのローミング先の一つがNTT DOCOMO)。
  • ここで通知領域は”圏外”表示のままで問題ありません。例えば、海外ローミング機能がないSIM(本記事でフィンランドELISAやタイAISなど)では、日本で接続先がないので、常に”圏外”が表示されますが、問題なくアクティベーションできます。
  • この事で、アクティベーションには携帯電話回線との接続は必要ない事が分ります。

”iPhoneを設定”画面で”新しいiPhoneとして設定”にチェックを入れ”次に”をタップし、次の画面でApple IDを持っている場合は”Apple IDでサインイン”を、持っていない場合は”無料のApple IDを作成”をタップします。

  • 筆者は、あらかじめApple IDを取得していたので、”Apple IDでサインイン”をタップして次に進みました。
  • ”無料のApple IDを作成”をタップした場合の方法は試していないので不明です。各自ご確認ください。

Iactive8
Apple IDとパスワードの入力が完了したら”次へ”をタップするとサインインが開始します。
Iactive92
サインインに成功すると利用規約の同意を求められるので”同意します”を2回タップします。

Iactive93

Apple ID画面で”新しいApple ID設定が・・・”が表示されますが、筆者はApple IDを既に持っていて、新たなID作成はしていないので直ちにiCloudを設定画面が表示されました。

”iCloudを使用”にチェックを入れ”次へ”をタップします。

Iactive94

iCloud使用を選択すると、バックアップがクラウド経由で可能になるらしく、ありがたく使わせてもらおうと”バックアップ作成”にチェックを入れ”次へ”をタップしました。

iPhoneを探す”画面に進み、”iPhoneを探すを使用”にチェックをいれ”次へ”をタップします。

Iactive95

最後に診断使用状況を”送信しない”にチェックして”次へ”をタップすると、登録(アクティベーション)完了となり、”iPhoneを使う”をタップすると待望のホーム画面が表示され、iPhoneが正常に使用できるようになりました。

Iactive96

                      ホーム画面Iactive97

  • 以上時間にして10分程度、特に困難も無く、あっけなく実験は成功しました。

最終確認:まともに使えるのか?

  • 以下の疑問点がありましたが、問題ありませんでした
  • ●日本国内で運用できるのか
      ”3”のSIMを入れてiPhonoeを起動すると”3”の日本提携先の
      NTT DOCOMOに接続し通話とデータ通信が行えました。
  • Iactive11
  • ●SIMカードなしで運用できるのか
      可能です。”SIMなし”が表示されますが、気にせずにロック解除
      すれば、WiFi接続で使用できます。
      SIMを入れても”SIMに問題あり”が表示される場合も同じです。
  • ●SMSが通じない
      未開通SIMでアクティベーションをしたため、電話番号がiPhoneに
      登録(付与)されていなかったためか、SMS送受信ができません
      でした。この状態は、SIMを開通させると解消しました。
      但しこれは日本国内で開通できる機能とローミング機能がある
      ”3”のSIMだからできた事で、日本でこれらの機能がない外国
      SIMでは、SMSや通話は行えません。←当然
  • ●テザリングはできるのか
      テザリングメニューが表示されました。
       設定 → 一般 → ネットワークで表示される画面に” インターネット
       共有を設定”メニューが表示されました。
       但し香港のSIMででローミング運用中のためか、それ以降の
       メニューが選択できないので、テザリングが本当に可能かの
       判断は次回、海外で行う予定です。←これ楽しみです
    Iactive12
  • ●本当にSIMフリーなのか
      フィンランドのSIMなど香港以外のSIMを挿入してもエラーが出ない
      のでSIMフリー状態だと判断しました。

      ちなみに期限切れの海外SIMを挿入すると、”SIMに問題あり”
      が表示されました。この状態でも画面で”ロック解除”すれば、
      WiFi運用は問題なくできました。

Iactive10

以上iPhone初心者の未熟な実験でしたが、未熟ながらも確認した現象をなるべく正確にお伝えした積りなので、いくらかでも参考になればと思います。

« テザリングinハノイ mini S51SEが創り出すベトナム快適モバイル | トップページ | XPERIA X10 mini pro現役復帰 MiniCM7で高速Gingerbread 2.3.7化 »

コメント

本当に 苦労させられますね 自分の利益を 守るためとは、いい 購入者にとっては、外以外の何者でもありません simロックフリーなら 好きな機器を 自由に 選べるのにね
----------------------------
コメントありがとうございました。
SIMロックは、端末を安く入手できるメリット
もあり、一概に悪いと言い切れないのが悩ましい
ですね。
海外モバイル人口が少ない現状では、メリットを
感じている人の方が多いと思うので、当分状況は
変わらないでしょう。
ご意見ありがとうございました。
 

投稿: | 2012年12月 5日 (水) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1224741/43498214

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4 SIMフリー版を日本で海外SIMを使いアクティベーションする:

« テザリングinハノイ mini S51SEが創り出すベトナム快適モバイル | トップページ | XPERIA X10 mini pro現役復帰 MiniCM7で高速Gingerbread 2.3.7化 »